So-net無料ブログ作成

発見2 [癌と経過]

 マンモグラフィーのフィルムと紹介状を持って、セカンドオピニオンを求めた病院に行ったのは2月に入ってからのことだった。フィルムの入った薄茶色の封筒は大きいのに折りたたむわけにもいかず、扱いにくいことこの上ない。まぁ、持ち出す事は稀有だから仕方ないのか。でかでかと書かれている自分の名前を隠すように持ち、受付を済ませた。

 そんな苦労もむなしく、ここではもう一度マンモグラフィーを含めた検査を受けるのだと。

「えぇ~~、せっかく持ってきたのに!!」

 心で叫びつつ、言われるままに検査に向かう。この前の定期検診でも血液採取があったし、もはやどこで何の検査を受けたか訳が分からない。こういう時、データのやりとりを行えるシステムがあればいいなぁと思う。なお、検査室を転々としたにもかかわらず迷子にもならず、これも珍しい事だった。

 診察室に戻ると、マンモグラフィー含むその他検査結果が出ていた。解析度がすごい。前病院では見られなかった皮下の様子がはっきりと映っていた。引き続きエコー検査。また冷たい思いをするのかと思ったが、こちらのゼリーは人肌に温められていた。それだけのことだが、それだけのこととは言えない。我々は、検査する「ボディ」であるまえに生身の患者なのだ。エコーによる画像もそれは明瞭なものだった。表皮から判る大きさは5ミリにも満たない。
 検査部位を確定し、印をつけ、やっと穿刺吸引細胞診の準備が整った。細胞診は軽い手術であり、医師の診察時間が過ぎてから別室で行われる。お医者さんって体力勝負ですね。ならなくてよかった。なれないけど。お昼ご飯をゆっくりいただいてもまだ時間が余る。遅れるよりはいいかと思い、半時間も前から検査室の前で待つことにした。やれやれ、これが済んだら一日がかりの仕事が終わる。

 朝から延々と続く検査で疲労感満載の私に担当医は

「どうしました?いつもはもっと明るいのに。」

看護師「え、そうなんですか?」

医師「いや、そうかな~って思って。」

先生、先生と会うのは今日で二回目です・・・。


 検査結果が出るのは二週間後。何でもないこと証明のために受けたつもりだったのに。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0