So-net無料ブログ作成
検索選択

有難うございました2015 [考察]

 一年が足早に去っていきます。

 突然始まったライブ活動から 丸6年を超えました。さあ、ここから本番と云える時にいきなり大学に編入し、家族や音楽関係者を驚かせ、果ては大学の教授をも 異質な学生の登場で面食らわせたのが二年前。それももう終わります。
 他のミュージシャン、特に歌手の方々が頻繁にライブ活動を続けておられる姿を横目で見ながらの日々でした。焦りがないわけじゃない。大きな舞台を踏む知り合いや、CDを発売する知り合いがどんどん増えていくにもかかわらず、私はここで何をしているのか。ここで何を得られるのか。本に答えはない。そもそも何を探しているのか。どこに琴線に触れるものごとが潜んでいるかもしれない、どこかに突破口があるやも知れない。あちこちに足を運び、人と語り、本を読み、自分に問うの繰り返し。ボールペンが毎週一本空になるほど文字を書き、いつしか書き散らしたノートは束になりました。
「ここまでこの歌を歌える人はそうそういない」という評価をいただいたり、歌いながら涙せずにおられない曲や泣きながら創る詞が増えてきたのは、もしかしたら少しは自分の核に一歩近づいたからかもしれない。それは薄紙を剥がすようなゆっくりとした按配でも。
一枚もう一枚・・・私自身が知りたくもなかったものが もしかしたらそこにはあるかも知れないけれど、現れるのを待つことにいたしましょう。
 あぁ、生きるとは痛みを伴うことですね。せめて皆様に穏やかな時を持っていただけますように。それが私の歌が出来る仕事やもしれません。
 
 どうか皆様の新しい年が良きものでありますように。           それではまた来年。

ようやく年末もう年末 [大学生]

 随分ご無沙汰しております。

卒論の締切りを前に 修正に次ぐ修正をして、最低文字数12,000字のところ

20000.jpg


20,000字越え!!

いやはや、この位で疲れていては長編歴史小説なんぞ書けません、って書きませんが。

ともかくも、どんどん膨らむ卒論の内容とボディにパンチを入れなければならず、ずいぶん長い時間がたってしまいました。

今回ジャズについて あるテーマを元に書き上げた卒業論文は、私の心の一部についての卒業も兼ねています。なので、腑に落ちるまで突き詰めたかった気持ちもあるのです。で、やるだけやったら急激に老け込んだ感もあって、十歳は若く見えるといわれていた私も 年齢相応になっちゃったかも。でも世の美魔女さんたちは こういう気持ちがきっかけで「時間の流れに対抗」しようとするのかしらと思ったりもします。流れには逆らえません。うまく年を重ねる方がよいですよ。

半世紀生きてこれて 四半世紀ぶりにもう一度大学生活を送ることができて、とても有難く思っています。人生のやり残しを片付けられました。家族に感謝します。
そして、久方ぶりに離れていた音楽も、前とは違ったアプローチをすることになるかと思います。欲張りな人生、わがままな人生も 正直あとどのくらいできるものか。お世話になった方の急逝を知って、明日がいつまであるか分からないという当たり前のことを思い出しました。ここから、ますます忙しい人生になりそうです。

親子カーリング [考察]

  いつまでも子供を過保護する親と、過干渉されている事に気付かず 親の言う事を聞く子供の図を私は
「親子カーリング」
と呼んでいます。
  あなたの進む道はこっちよ〜!と床を掃き清めるのに必死なお母さん。磨けなくなったら どうするんでしょう?時代は急速に変化していきます。繰り返して元に戻っているように見える物事もありますが、昔と同じではありません。親が手を出せない年齢は親にも子にも来ます。確実に親は年を取り、いつか先に逝く。子供はその時代を担う年齢になります。子供が自力走行出来るよう、少しずつ手放してください。弾き飛ばされないように、弾き飛ばされても自分で戻ってこれるように。