So-net無料ブログ作成
検索選択

here now [独り言]

望むことを即実行に移すのは難しい。準備、段取り、資金。どれが欠けても満足のいく結果にはつながらないだろう。
でも、選択するときは「集中」が一番大切なのではと思う。

「今がすべて」

here now」

本当にあった怖いお話 [独り言]

 ある日、近鉄沿線に乗っていた時のお話。

 優先座席に、リクルートスーツを着た3人(男2人女1人)がだらだら座っていた。足を組んで斜めに座り、スマホを見ているだけでなく、大きな黒い鞄までしっかり座席に座らせていた。スーツは着ているけれど、中身はヨタロウそのもの。
 見るに見かねて、

「ちょーっと(カバンの)ここ座っていいですか??」と、言ってみた。

少しはリアクションを予測したのよ。カバンをサッとよけるか、そこに「あ、すみません。」とかがついてくるものと。


ところが







「えぇ?!私がカバンどけなあかんの??」



って、隣のバカ男たちに訴えたのだ。

 わが耳を疑うとはこのこと。してもらうことを当たり前のように思う学生がいるっていうことは、二度目の大学生活で何度か目にしたけれど、殆どの若者は礼儀正しかった。まして公共の場に就活姿でいる学生が、こんなに非常識であるとは欠片も予測しなかった。

 ヨタロウどもは、不服そうに席を空けたものの、相変わらず背骨の立たないバカ丸出しに座っていた。

 こんなのを採用する会社があるのだろうか。私のいるここは私の知っている日本なのか。異次元空間に放り込まれたかの如く放心状態でいると、いつのまにかバカ田大学リクルート生は消えていた。

                               ~本当にあった怖いお話~


したいは死(に)体 [独り言]

 「いつか〇〇が」

 王子様とか夢とか、その他諸々この〇印には入るわけです。

 私の場合、ずっと「CD作りた~~~い」とか「万事整ったら作る」とか言っていたのですが、




もういい加減作ろうよ


取りあえず録音したことはあるんです。でもデモを(ややこしい?)聴いていただいた方から



瞬殺ORZ


されました・・・・・・・・・




しかしながらただでは死なない。幸いにして凄い(メジャーシーンの大御所サポートとか)ミュージシャン各位にコネクションが出来ました。スタジオも何とかではなく何とでもなるようになり、これでやらなきゃ〇の中に




「あほ」



の二文字しか入らないことになる。



瞬殺はされたものの、数々のアドバイスが付いてきたので、その録音は無駄死にではなかったことになります。


ただし、次が成功したらの話。


二度死なない様に、只今準備中であります。
https://www.youtube.com/watch?v=05QJlF06F4s





古今東西 今も昔も [独り言]

 http://papuriko.hatenablog.com/ つい最近知ったこのブロガーさんは、すでにあちこちの雑誌に登場しておられるそうです。頭脳明晰でありながら、いや、あるからこそ、岩石雪崩渡りの如くいろんな話題に飛びつつも、本題はしっかり運んでいく。取り上げている話題のバックグラウンドは現代の都会。しかしながら今も昔も、男(も女も)は変わらないもんだなぁと思いながら、次々と読んでいるところ。

 なかで目を引いたのが、「女性の前で別の女性の悪口を言う男性」という輩に触れた一文。(いろいろ読み過ぎて、どの号だったかは忘れた。)こういう事をする男性って、


 ろくな奴じゃない


 誰かを貶めておいて、「でも君は違うんだよ。」と持ち上げているつもりなのよ、当人は。これに引っかかって「私って彼のお眼鏡に叶った女性なのよ。」と感じる女性がいるのだろうか。甚だ不思議なんだけど。
 普通の神経をしていたら、吐き気を催すほど下卑た台詞。まして登場する別の女性というのが「奥さん」だったら、その嘔吐レベルはMaxに近い。
 何も知らず、そんな男の子を産み育て、家を切り盛りしている奥さんという人に、私はテレパシーを送りたい。

 「奥さん、外れくじを引きましたね。悪いことは言いません。早く捨てる事ですよ。」

 

 

インプットの日々 [独り言]

 今年も「ムジークフェストなら」が開催されます。今年は出演しませんが、聴きたかった演奏会のチケットに当選してご機嫌です。しかも2か所も!!
music.jpg

これは、まだまだ勉強しなさいということなのでしょう。道は遠く、壁は高い。でもうれしい~~~。

メイメイがダメならニャーニャーにしよう [独り言]

 子供が小さいときは、よく買いました。Mドナルドハッピーセット。言わずもがな、おもちゃ目当てです。
 おもちゃの要らない年齢になるとお店には行かなくなり、そのうち何だったか事件があって、ますます足は遠のき・・・いや、足が遠のいたのかお店の数が減ったのか。
 限定商品に名前を付けてくださいというキャンペーンも、盛り上がりに欠けたような感じで終結したような。

でも!これは静かなヒットでしょう。

nekoemon.jpg

ドラえもん映画のキャンペーンに合わせたハッピーセットの鈴。これをペットにつけちゃうんですね。
ネットに数多くアップされてるよと知人に話したら、早速買いに走った様子ww
猫にしたら、いい迷惑(笑)


誕生日も過ぎたことだし [独り言]

気分一新 ブログをあれこれ触ってみました。ほほほ。
この1年半大学勉強をしてみて、私が知りたかった事象には 大抵すでに名前が付いていることが判りました。モヤモヤかなり解決。そして、法則として確立していないテーゼにも多く存在することも判明。様々な文献や資料を探しては読み、また探しては読み。探していた答はテーゼとして最高学府の学舎にありました。見つかったものはショッキングなテーゼ。
そこに存在するにもかかわらず、見ないふりしているのはだぁれ?

明日香村短訪 [独り言]

 地震と火山噴火が頻発しております。皆様どうぞお気をつけて。メディアで流れる情報に「近畿圏には活火山が少ないんだな~」~と遅まきながら認識。阪神淡路大震災からこちら、随分物も捨て危機管理もしていたつもりが、いつの間にかまた物は増え 非常時の持ち出し物も点在してばらばらに。

 そういえば この地に都があった時にも大地震があったという記録があります。684年白鳳の大地震がそれ。
kameishi.jpg明日香村の亀石は 頭が南西を向いていて、これが西を指すとき洪水に襲われるという言い伝えが。観光ガイドさん曰く、「私が生まれてこちら 微塵も動きません。だから大丈夫。」まるで千年の昔から生きておいでのような科白に笑ってしまった。
gomibako.jpg
こちらは景観に配慮したゴミ箱。考えたものです。
tennmu jitou.jpg
天武天皇とお后の持統天皇陵。日本で初めて火葬をなさった しかも女帝。天武帝のお隣に骨壺が納められているそうです。(天皇陵なのに内部がわかるってどういうことかなという疑問はこの際なしにして)
とにかく 暑い。
昨年夏の「蘇我の稲目墓」見学会では 二名救急搬送されたという明日香村は 駅から各展示施設が離れているので 夏場の観光客は減少します。石舞台から出るバスも一時間に一本になります。そんな中訪れる方は冷たい黒米アイスをどうぞ。kurokome ice.jpg

 

change!っていう [独り言]

 人生は後半になればなるほど楽しいという言葉は本当。本当にいろんな事が起こって それはそれは面白い。とはいっても別によき事ばかり起こっているわけじゃなく  「これ、結構(悪い意味で)大ごとなんじゃありませんか」という事柄も。それも含めて「面白い」というのは つまるところ何があっても私が

ふてぶてしくなった
だけなんですがね。
 
 未知の世界を前に 小鳥(随分大きいですが)

のように震えていた頃ははるか遠く、姐御だの女王蜂だの社長だの、つけられる仇名の数々が その変化を物語る。(号泣)

 ま、勝手にオファーが来ると予想して空けていた一日がそのまま空白になったり 「担当者からメールが来ます。」というのに無しのつぶてだったり。そうかと思えば思いもかけず出版物に載せていただけたり メジャー作詞家の友人からお仕事一緒にしようというお誘いがあったり。

一喜一憂している暇がないわけです。

「夢に向かって自信を持って進み 思い描いたとおりに生きようと努力すれば 思わぬ成功を手にするであろう」(ヘンリー・ソロー)

今思い描くのは スーザン・ボイルとの共演。根拠のない自信だけは大量に保有しているので、ま、なんとかなるでしょう。(この無謀さったら!)

If one advances confidently in the direction of his dreams, and endeavors to live the life which he has imagined, he will meet with a success unexpected in common hours. (by Henry David Thoreau)

So I dream that I sing with Susan Boyle someday soon.☆☆☆






 

さるぼぼ? [独り言]

 平凡な一日。暖かいのに雨降り。お味噌汁の具、今日はしじみにしようかな。蜆って書くと食べる気が削がれるな・・・雨模様の日にはお刺身を食べたくないのは何故なのか。お寿司もカラッと晴れた日が美味しいよね・・などと頭の中で誰かと会話しながら鮮魚売り場をうろうろとしていたときに

「ん?」

貝さるぼう.jpg

「サルボ貝」って何だろう。ちょっとワクワク・・・
買って帰ってクックパッドで調べても出てこない。果たして食べ物か?(鮮魚売り場にあったことを既に忘れている)
「サルボ+貝」でググルと「サルボウ貝」でヒット。クックパッドに戻る。どうやら赤貝のよう。「ふむふむ、シリコンスチーマーでレンジか。しりこんすちーまー・・ないな。ラップでいいか。」
 陶器におもむろに放り込んだサルボウに 乱暴にラップをかけてチンしたら、


ぼかっ!ドカッ!!
当たり前だがかなりの勢いで貝は暴発。しじみあさりの非ではない。
レンジ内は飛び散った殻と身と内臓で修羅場。
遅い反省と共にラップを三重にかけ、再度加熱。
取り出した身に 
1 酒
2 醤油
3 ニンニク
4 生姜
5 みりん

を加えて汁がなくなるまで煮詰めると
貝のその後.jpg

はい、美味しくできました。 レンジ掃除さえなければ今日は平穏な一日。